uploaded

見知らぬ女『あんた、私の彼氏に手を出したでしょ!!絶対許さない!!!』見知らぬ男『いい加減にしろ!彼女は関係ない!!』いや、2人とも誰? → 実は・・・

私が高校生のときは今のように携帯などは持っておらず、 
電話と言えば家にある固定電話だった。 

ある日の夕方、家で独りで留守番をしていると電話が鳴った。 
「Mさんってそちらにいますか」と、女の声。 
ぶっきらぼうで、すごく失礼な言い方だった。 
「私ですけど、どちらさまですか?」と言うと 
「ちょっとあんた×♪☆Θqswれdf;@!!!!!」と急にまくし立ててきた。 
全く何のことかわからず、なんとか落ち着かせて話を聞いてみると 
どうやらその女の彼氏に私が手を出しただろうということだった。 

名前を聞いても知らない男の名前だったので、 
私にはすごく好きな人がいて、その人と付き合っている、 
あなたの彼氏なんか全く知らないから人違いじゃないのかと言うと…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

[スポンサーリンク]

images
見知らぬ女『あんた、私の彼氏に手を出したでしょ!!絶対許さない!!!』見知らぬ男『いい加減にしろ!彼女は関係ない!!』いや、2人とも誰? → 実は・・・

私が高校生のときは今のように携帯などは持っておらず、 
電話と言えば家にある固定電話だった。 

ある日の夕方、家で独りで留守番をしていると電話が鳴った。 
「Mさんってそちらにいますか」と、女の声。 
ぶっきらぼうで、すごく失礼な言い方だった。 
「私ですけど、どちらさまですか?」と言うと 
「ちょっとあんた×♪☆Θqswれdf;@!!!!!」と急にまくし立ててきた。 
全く何のことかわからず、なんとか落ち着かせて話を聞いてみると 
どうやらその女の彼氏に私が手を出しただろうということだった。 

名前を聞いても知らない男の名前だったので、 
私にはすごく好きな人がいて、その人と付き合っている、 
あなたの彼氏なんか全く知らないから人違いじゃないのかと言うと…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

Facebookで続きを読む LINEで見る