uploaded

母の命日に仏壇に供えた茶菓子を親友が勝手に食ってた!俺「何食ってんだ!」親友「え?ダメ?メッチャ腹減ってんだけど…」

俺20代だけど早くに親亡くしてるから、一人暮らしの部屋に仏壇置いて簡単な世話してる(毎朝お茶あげたり月命日に花飾ったり)
で、小学生時代からの親友が遊びに来てたその日はたまたま月命日で、花と一緒に母親の好物だった茶菓子をお供えしてた。
親友は夕方に来てそれから一緒に夜飯行く予定だったんだけど、さぁ出ますかといった時に俺に仕事の電話がかかってきた。


部屋にある資料を確認しなきゃいけない内容で、小声で親友に「すまんちょっと待って」と伝えた。
俺は資料を確認しながら電話してたんだけど、目のはしに玄関で待ってたはずの親友が靴脱いでまた部屋に戻ってくるのが見えた。
すると親友、何を思ったか母親の仏壇に供えて茶菓子を突然ムシャムシャ…俺、咄嗟のことに呆然。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
母の命日に仏壇に供えた茶菓子を親友が勝手に食ってた!俺「何食ってんだ!」親友「え?ダメ?メッチャ腹減ってんだけど…」

俺20代だけど早くに親亡くしてるから、一人暮らしの部屋に仏壇置いて簡単な世話してる(毎朝お茶あげたり月命日に花飾ったり)
で、小学生時代からの親友が遊びに来てたその日はたまたま月命日で、花と一緒に母親の好物だった茶菓子をお供えしてた。
親友は夕方に来てそれから一緒に夜飯行く予定だったんだけど、さぁ出ますかといった時に俺に仕事の電話がかかってきた。


部屋にある資料を確認しなきゃいけない内容で、小声で親友に「すまんちょっと待って」と伝えた。
俺は資料を確認しながら電話してたんだけど、目のはしに玄関で待ってたはずの親友が靴脱いでまた部屋に戻ってくるのが見えた。
すると親友、何を思ったか母親の仏壇に供えて茶菓子を突然ムシャムシャ…俺、咄嗟のことに呆然。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る