uploaded

カツアゲDQNに負けた俺「(彼女に謝らなきゃ…)」→なんだか辺りが騒がしい。体を起こして周りを見てみると・・・!

去年の冬。
俺は彼女にプレゼントする為、必死にバイトして貯めた金で指輪を買った。
喜ぶ彼女の顔を思い描きながら彼女の家へと急いだ。

約束の時間に遅れそうだったので少しでも近道しようと公園を通っていく事に。
綺麗にライトアップされた噴水やツリーを横目で見ながら歩いていた。
ふと誰かに声を掛けられた。正面に視線を戻すと4人の男達が俺を阻むように立っている。

ビビリながらも「なんですか?」と尋ねる。
「お金貸してくんねぇ?ちょっとでいいからさ。」
「…無いです。」と言うと、いきなり殴ってきた。
「無いじゃ困んのよ、こっちはさぁ。ちょっと位あんだろ?」
と漫画のようなセリフを吐きながらもう一発殴ってくる。

すると…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
カツアゲDQNに負けた俺「(彼女に謝らなきゃ…)」→なんだか辺りが騒がしい。体を起こして周りを見てみると・・・!

去年の冬。
俺は彼女にプレゼントする為、必死にバイトして貯めた金で指輪を買った。
喜ぶ彼女の顔を思い描きながら彼女の家へと急いだ。

約束の時間に遅れそうだったので少しでも近道しようと公園を通っていく事に。
綺麗にライトアップされた噴水やツリーを横目で見ながら歩いていた。
ふと誰かに声を掛けられた。正面に視線を戻すと4人の男達が俺を阻むように立っている。

ビビリながらも「なんですか?」と尋ねる。
「お金貸してくんねぇ?ちょっとでいいからさ。」
「…無いです。」と言うと、いきなり殴ってきた。
「無いじゃ困んのよ、こっちはさぁ。ちょっと位あんだろ?」
と漫画のようなセリフを吐きながらもう一発殴ってくる。

すると…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る