uploaded

祖父「夢にばぁさんが出てきて、新しい家建て終わったよ。来たかったらくれば?って言ってた」

祖父が餓死したと聞いたときが衝撃だった。

祖父母はしょっちゅう怒鳴りあってたけど、年に何度か車で旅行するようなツンデレ仲良し。
美味しそうなご当地ご飯や景色を求めて全国どこでも行った。
祖父が糖尿で目が見えなくなり大好きな運転が出来なくなると本当に落ち込んでいた。

すると、60過ぎた祖母が教習所通いを始め、運転をマスター。
運転手が使えないから仕方ねえって言ってたけど、祖母が運転する時は必ず祖父が助手席。
「下手くそだ、目が見えなくても俺のほうがマシだ」と文句を言っていたけど、出かける時は、いつも念入りに髪をオールバックに整え、お気に入りの帽子を被って鼻歌を歌っていた。

何年かしてお盆の時期に祖母が亡くなった。
親戚みんな揃っている時期に亡くなるなんて、賑やかなことが好きで行事が面倒くさがりな祖母らしいねってみんな言っていた。

祖父は大声をあげて泣いていた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
祖父「夢にばぁさんが出てきて、新しい家建て終わったよ。来たかったらくれば?って言ってた」

祖父が餓死したと聞いたときが衝撃だった。

祖父母はしょっちゅう怒鳴りあってたけど、年に何度か車で旅行するようなツンデレ仲良し。
美味しそうなご当地ご飯や景色を求めて全国どこでも行った。
祖父が糖尿で目が見えなくなり大好きな運転が出来なくなると本当に落ち込んでいた。

すると、60過ぎた祖母が教習所通いを始め、運転をマスター。
運転手が使えないから仕方ねえって言ってたけど、祖母が運転する時は必ず祖父が助手席。
「下手くそだ、目が見えなくても俺のほうがマシだ」と文句を言っていたけど、出かける時は、いつも念入りに髪をオールバックに整え、お気に入りの帽子を被って鼻歌を歌っていた。

何年かしてお盆の時期に祖母が亡くなった。
親戚みんな揃っている時期に亡くなるなんて、賑やかなことが好きで行事が面倒くさがりな祖母らしいねってみんな言っていた。

祖父は大声をあげて泣いていた。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る