uploaded

【修羅場】警察から彼女の身元引受人として呼ばれ、そこで彼女の正体を知った…

恋愛スキルのない俺には修羅場だった一件。

数年前、俺は都内マンモス大学の学生。
彼子はサークル友つながりで知り合った女。

田舎から上京した喪男の俺にとって東京は怖いところだった。
しばらくは靴下の中に現金を入れていつかっぱらいされても家に帰れるよう自衛していた。
俺が帰れないとばーちゃんと11歳下の弟が泣くので必死だった。

そんな俺にも1年余で「東京は危なくない、同じ日本である、怖くない」
ということがわかり、そろそろとサークル活動を始めたのがそのころだった。

 

俺は見た目めっちゃダサいのに実は音楽好きであり、
自分とは似ても似つかない某というギタリストに憧れていた。
サークルの飲み会でその某が好きな奴(男)と偶然知り合い、今まで田舎住まいで
趣味の会う友達がいなかった俺はさすが都会だ、世界が広いぜ、と激しく感激した。

いや実際そいつはいい奴だったんだけど、そいつの紹介する奴まで
いい奴だと思ってしまったのが運のつきだ。

 

そいつ主催の飲み会で知り合った中に彼女はいた。
はっきり言ってカワイイ。小柄でちょいムチっとしてる。
ぱっちり二重で明らかに付けまつげじゃないまつげが超長い

これを嫌いな男はたぶんちょっといないだろう。というタイプであった。
俺と彼女はそのギタリストの話題を中心に仲良くなり、バレンタインに俺から告白して
指輪をプレゼンツして付き合うことになった。
俺は幸福だった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【修羅場】警察から彼女の身元引受人として呼ばれ、そこで彼女の正体を知った…

恋愛スキルのない俺には修羅場だった一件。

数年前、俺は都内マンモス大学の学生。
彼子はサークル友つながりで知り合った女。

田舎から上京した喪男の俺にとって東京は怖いところだった。
しばらくは靴下の中に現金を入れていつかっぱらいされても家に帰れるよう自衛していた。
俺が帰れないとばーちゃんと11歳下の弟が泣くので必死だった。

そんな俺にも1年余で「東京は危なくない、同じ日本である、怖くない」
ということがわかり、そろそろとサークル活動を始めたのがそのころだった。

 

俺は見た目めっちゃダサいのに実は音楽好きであり、
自分とは似ても似つかない某というギタリストに憧れていた。
サークルの飲み会でその某が好きな奴(男)と偶然知り合い、今まで田舎住まいで
趣味の会う友達がいなかった俺はさすが都会だ、世界が広いぜ、と激しく感激した。

いや実際そいつはいい奴だったんだけど、そいつの紹介する奴まで
いい奴だと思ってしまったのが運のつきだ。

 

そいつ主催の飲み会で知り合った中に彼女はいた。
はっきり言ってカワイイ。小柄でちょいムチっとしてる。
ぱっちり二重で明らかに付けまつげじゃないまつげが超長い

これを嫌いな男はたぶんちょっといないだろう。というタイプであった。
俺と彼女はそのギタリストの話題を中心に仲良くなり、バレンタインに俺から告白して
指輪をプレゼンツして付き合うことになった。
俺は幸福だった。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る