uploaded

バツイチになり、娘と母と3人で生活をして8年、再婚することになった。式や新しい生活の準備を進めている頃、突然母が倒れた「あなたと結婚が決まってから、いやなことばっかり」

ばついちになり、娘と母と3人で生活をしてきて
8年、こんな私と結婚してくれる相手ができた。
式や新しい生活の準備を進めている頃、突然母が倒れた。
狭心症、完全房室ブロックで心不全と腎不全をおこしていて
危険な状態だった。
私は一緒に住んでいたのに、母の不調に気付けず
ただ病院で心臓が止まるたび、鳴り出す機械に怖かった。

遠くにすんでいる兄や弟が駆けつけてくれ、それから交代で母を看病した。
一緒には住んでいなかった父に連絡をとったが
「金ならないから、足りないなら生活保護を受けろ」
と言われた。お金の事など言っていないのに悔しくて涙か出た。

仕事と病院を往復する私に気遣い、婚約者の彼と彼の母は
私の娘を自分の家で面倒みてくれて、娘を毎日学校まで送り迎えを
してくれた。
それから、3度の手術を経て2ヶ月後、母は元気に退院することができた。

しかし…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
バツイチになり、娘と母と3人で生活をして8年、再婚することになった。式や新しい生活の準備を進めている頃、突然母が倒れた「あなたと結婚が決まってから、いやなことばっかり」

ばついちになり、娘と母と3人で生活をしてきて
8年、こんな私と結婚してくれる相手ができた。
式や新しい生活の準備を進めている頃、突然母が倒れた。
狭心症、完全房室ブロックで心不全と腎不全をおこしていて
危険な状態だった。
私は一緒に住んでいたのに、母の不調に気付けず
ただ病院で心臓が止まるたび、鳴り出す機械に怖かった。

遠くにすんでいる兄や弟が駆けつけてくれ、それから交代で母を看病した。
一緒には住んでいなかった父に連絡をとったが
「金ならないから、足りないなら生活保護を受けろ」
と言われた。お金の事など言っていないのに悔しくて涙か出た。

仕事と病院を往復する私に気遣い、婚約者の彼と彼の母は
私の娘を自分の家で面倒みてくれて、娘を毎日学校まで送り迎えを
してくれた。
それから、3度の手術を経て2ヶ月後、母は元気に退院することができた。

しかし…

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る