uploaded

【非礼に始まり無礼に終わる】過去の国際大会で起きた、韓国スポーツの反則・ラフプレーまとめ。国際大会で恥をさらす行為を堂々とできる神経は理解不能【動画】

沸点が沸きっぱなしになってしまう、国際大会における韓国ラフプレー・反則まとめ

「待て!」がかかっている状態で、思いっきり体重をかけて腕をへし折ろうとしてくる。

結果的に韓国選手は反則負けになるが、試合後、日本選手が握手を求めようとしたが無視。

こんな有り得ない反則を受けた後も動じない日本選手の冷静さ。こういう面も鍛えてますね!

韓国人がいかに恥ずかしい人種であるかを広く知らしめる意味で、この動画は有意義だと思います。

どんどん拡散してほしい。そして世界中で共通認識されるまで浸透してほしい。

試合前に洪明甫監督が「危険地域に入って来る前に最大限荒くブラジル選手たちを扱え」と指示。

韓国は試合中に23回ファウル(前半15回、後半8回)。ほとんどがネイマールへのファウル。

さすがのイチローも、韓国にキレる

WBCで、福留に決勝ホームランを打たれた直後、続くバッター小笠原に報復死球をする韓国。

スポーツマンとしてあるまじき態度に、さすがのイチローも我慢ならずに韓国への怒りを試合後インタビューでぶちまける

韓国代表の幼稚な嫌がらせを華麗にスルーするイチロー

ある意味、伝説のヒットよりイチローが格好良いシーンだったのではないだろうか。

そして件の彼等には、「Sportsmanship」も読めないのかもしれない。

日本のサッカー超強豪校が韓国と試合した結果ヒドイ事に(怒)選手とレフェリーがブチ切れる!

もう、ルールが違うのではないかと考えてしまいます。サッカーに限らず、スポーツも理解できてないようです。

バスケ日本代表だけじゃない!台湾とも過去に乱闘騒ぎ起こした韓国チーム

ジョーンズカップ国際女子バスケットボール大会で、韓国と台湾の選手が殴り合うという不祥事が生じた。

台湾選手は、韓国選手の度重なるラフプレーに我慢ならなかったようだ。

韓国がオリンピックで起こした乱闘事件

ボクシングで、判定に不服とした韓国コーチら5人が判定直後にリングに乱入し、審判に暴行。

リングには観客から椅子が投げ込まれたり、照明が落ちたりするなど、他リングで行われていた競技も一時中断された。

各動画は、リンク先のページまたは次ページ以降からご視聴いただけます。

ぜひご視聴ください!憤怒注意です!!!

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【非礼に始まり無礼に終わる】過去の国際大会で起きた、韓国スポーツの反則・ラフプレーまとめ。国際大会で恥をさらす行為を堂々とできる神経は理解不能【動画】

沸点が沸きっぱなしになってしまう、国際大会における韓国ラフプレー・反則まとめ

「待て!」がかかっている状態で、思いっきり体重をかけて腕をへし折ろうとしてくる。

結果的に韓国選手は反則負けになるが、試合後、日本選手が握手を求めようとしたが無視。

こんな有り得ない反則を受けた後も動じない日本選手の冷静さ。こういう面も鍛えてますね!

韓国人がいかに恥ずかしい人種であるかを広く知らしめる意味で、この動画は有意義だと思います。

どんどん拡散してほしい。そして世界中で共通認識されるまで浸透してほしい。

試合前に洪明甫監督が「危険地域に入って来る前に最大限荒くブラジル選手たちを扱え」と指示。

韓国は試合中に23回ファウル(前半15回、後半8回)。ほとんどがネイマールへのファウル。

さすがのイチローも、韓国にキレる

WBCで、福留に決勝ホームランを打たれた直後、続くバッター小笠原に報復死球をする韓国。

スポーツマンとしてあるまじき態度に、さすがのイチローも我慢ならずに韓国への怒りを試合後インタビューでぶちまける

韓国代表の幼稚な嫌がらせを華麗にスルーするイチロー

ある意味、伝説のヒットよりイチローが格好良いシーンだったのではないだろうか。

そして件の彼等には、「Sportsmanship」も読めないのかもしれない。

日本のサッカー超強豪校が韓国と試合した結果ヒドイ事に(怒)選手とレフェリーがブチ切れる!

もう、ルールが違うのではないかと考えてしまいます。サッカーに限らず、スポーツも理解できてないようです。

バスケ日本代表だけじゃない!台湾とも過去に乱闘騒ぎ起こした韓国チーム

ジョーンズカップ国際女子バスケットボール大会で、韓国と台湾の選手が殴り合うという不祥事が生じた。

台湾選手は、韓国選手の度重なるラフプレーに我慢ならなかったようだ。

韓国がオリンピックで起こした乱闘事件

ボクシングで、判定に不服とした韓国コーチら5人が判定直後にリングに乱入し、審判に暴行。

リングには観客から椅子が投げ込まれたり、照明が落ちたりするなど、他リングで行われていた競技も一時中断された。

各動画は、リンク先のページまたは次ページ以降からご視聴いただけます。

ぜひご視聴ください!憤怒注意です!!!

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る