uploaded

親友彼女『どっか眠れるとこ行きたい』俺「俺の部屋で寝る?」親友彼女『一緒に寝ようよ』俺「OK」 → 一緒に眠りについた。すると・・・

俺:当時22歳 
彼女:当時20?21?歳 
親友:高校時代からの親友、俺と同年齢 
小夜:当時18歳 
今から二年ほど前の話になります。 
当時俺は彼女と付き合って三年が経過していました。 
たまに喧嘩もしましたしそれでも仲良くはやってました。 
出不精でほぼインドア派な俺、ちゃんと連絡取るのは彼女だけ。 
でも唯一人だけ親友がいるんです。 
親友とは高校時代からの付き合いで互いに親友だと思っていることも話してたりしました。
俺は専門、親友は大学(夜間)へと進みそれでも関係は変わらりませんでした。 
そんな中、俺はその彼女と出会い付き合いだして、 
親友との付き合いも変わらず状態のままでした・
ある日、親友から相談があると言われ飲食店に行くことに。 
(相談に乗るのも乗ってもらうのもいつものこと) 
その店に行く途中車の中で親友は誰かに電話をして、その電話相手が 
自分も行きたいと言い出したので、その店に来てもらうことに。 
先にその店に入ってその相手(仮にA子とします)を待ってました。 
A子が来て、なんやかんやで盛り上がりそして会計をしてそのままお別れしました。 
俺と親友は車に乗り込み特に目的地なく走り出しました。(これもいつもn(ry)
俺「そういえば話ってなんやったん?」と俺が聞くと 
親友「実は、今二人の女性で迷ってるんよ。」とのこと。 
俺「あーさっきの人か。もう一人は誰なん?」 
親友「やっぱり○○やな(笑)俺のことよくわかってくれてるわ。 
   実はもう一人って小夜やねん。」 
(小夜とは○先輩の嫁さんの妹、この時点では面識は一度だけ) 
俺「へぇ。でもまぁお前にはさっきのA子さんのがあってると思うで?」 
などとこういう相談に乗っていました。 
それからしばらくして、親友と小夜ちゃんが付き合いだしました。 
(この間も色々あったのですが直接今回の件には関係ないので割愛) 
小夜ちゃんは、誰が見てもそれなりに可愛かったし巨ニューで若かったので 
まぁ親友が選んだならそれでいいや、と思い応援することに。 
親友は本当にベタ惚れでした、○先輩の嫁の妹ってのもあり 
○先輩とかと一緒に食事や遊びなどもよくありました。 
月日は流れて数ヶ月、親友と小夜ちゃんは別れる別れないで 
堂々巡り状態になり、別れたはずなのに行為したりとか会いに行くとか。。。 
それでも俺は親友がそう選択してるなら、と事故を起こして 
車がなくなった親友をたまに小夜ちゃんの所に届けたりしてました。 
この時点でもう二人は別れてた状態です。 
ある日の夜中に小夜ちゃんから俺にメールが届きました。 
小夜「暇やー、メール相手でもしろ〜」って感じのw 
まぁ親友のこともあるしいいかなと思いメールに付き合ってました。 
そのまま朝までメールして 
小夜「付き合ってくれへん?」とのメールが。 
俺「いいけどどこ行くつもり?」と返信するとTELがなりました・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
親友彼女『どっか眠れるとこ行きたい』俺「俺の部屋で寝る?」親友彼女『一緒に寝ようよ』俺「OK」 → 一緒に眠りについた。すると・・・
俺:当時22歳 
彼女:当時20?21?歳 
親友:高校時代からの親友、俺と同年齢 
小夜:当時18歳 
今から二年ほど前の話になります。 
当時俺は彼女と付き合って三年が経過していました。 
たまに喧嘩もしましたしそれでも仲良くはやってました。 
出不精でほぼインドア派な俺、ちゃんと連絡取るのは彼女だけ。 
でも唯一人だけ親友がいるんです。 
親友とは高校時代からの付き合いで互いに親友だと思っていることも話してたりしました。
俺は専門、親友は大学(夜間)へと進みそれでも関係は変わらりませんでした。 
そんな中、俺はその彼女と出会い付き合いだして、 
親友との付き合いも変わらず状態のままでした・
ある日、親友から相談があると言われ飲食店に行くことに。 
(相談に乗るのも乗ってもらうのもいつものこと) 
その店に行く途中車の中で親友は誰かに電話をして、その電話相手が 
自分も行きたいと言い出したので、その店に来てもらうことに。 
先にその店に入ってその相手(仮にA子とします)を待ってました。 
A子が来て、なんやかんやで盛り上がりそして会計をしてそのままお別れしました。 
俺と親友は車に乗り込み特に目的地なく走り出しました。(これもいつもn(ry)
俺「そういえば話ってなんやったん?」と俺が聞くと 
親友「実は、今二人の女性で迷ってるんよ。」とのこと。 
俺「あーさっきの人か。もう一人は誰なん?」 
親友「やっぱり○○やな(笑)俺のことよくわかってくれてるわ。 
   実はもう一人って小夜やねん。」 
(小夜とは○先輩の嫁さんの妹、この時点では面識は一度だけ) 
俺「へぇ。でもまぁお前にはさっきのA子さんのがあってると思うで?」 
などとこういう相談に乗っていました。 
それからしばらくして、親友と小夜ちゃんが付き合いだしました。 
(この間も色々あったのですが直接今回の件には関係ないので割愛) 
小夜ちゃんは、誰が見てもそれなりに可愛かったし巨ニューで若かったので 
まぁ親友が選んだならそれでいいや、と思い応援することに。 
親友は本当にベタ惚れでした、○先輩の嫁の妹ってのもあり 
○先輩とかと一緒に食事や遊びなどもよくありました。 
月日は流れて数ヶ月、親友と小夜ちゃんは別れる別れないで 
堂々巡り状態になり、別れたはずなのに行為したりとか会いに行くとか。。。 
それでも俺は親友がそう選択してるなら、と事故を起こして 
車がなくなった親友をたまに小夜ちゃんの所に届けたりしてました。 
この時点でもう二人は別れてた状態です。 
ある日の夜中に小夜ちゃんから俺にメールが届きました。 
小夜「暇やー、メール相手でもしろ〜」って感じのw 
まぁ親友のこともあるしいいかなと思いメールに付き合ってました。 
そのまま朝までメールして 
小夜「付き合ってくれへん?」とのメールが。 
俺「いいけどどこ行くつもり?」と返信するとTELがなりました・・・

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る