uploaded

「パパ、パパ」…閉ざされたドア。5歳長男は8年後、白骨化して発見された・・・すがる我が子の声届かず・・・父親は別の女性と同棲で帰宅せず

「パパ、パパ」-。

厚木市にある

2階建てのアパートの一室。

平成18年の冬。斎藤幸裕被告(36)

殺人罪などで起訴=は、か細い声で

すがる長男の理玖(りく)ちゃん

当時(5)=を置いて、

ここを後にした。

この部屋で理玖ちゃんの遺体が

見つかったのは、本来なら

13歳になっているはずの

5月30日だった。雨戸が閉まり、

電気も止まった6畳の和室。

薄い布団の上で、おむつを着けたまま

白骨化していた。周囲には、

弁当の空き容器やパンの袋が散らかっていた。

「痩せた経緯が分かって

しまうのが怖くて、病院に連れて

行くことができなかった」

斎藤被告は、こう供述した。

窓やふすまに目張りをし、

家賃を払い続けて理玖ちゃんの死を隠した。

県警などによると、理玖ちゃんを

1人で育て始めたのは16年10月ごろ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
「パパ、パパ」…閉ざされたドア。5歳長男は8年後、白骨化して発見された・・・すがる我が子の声届かず・・・父親は別の女性と同棲で帰宅せず

「パパ、パパ」-。

厚木市にある

2階建てのアパートの一室。

平成18年の冬。斎藤幸裕被告(36)

殺人罪などで起訴=は、か細い声で

すがる長男の理玖(りく)ちゃん

当時(5)=を置いて、

ここを後にした。

この部屋で理玖ちゃんの遺体が

見つかったのは、本来なら

13歳になっているはずの

5月30日だった。雨戸が閉まり、

電気も止まった6畳の和室。

薄い布団の上で、おむつを着けたまま

白骨化していた。周囲には、

弁当の空き容器やパンの袋が散らかっていた。

「痩せた経緯が分かって

しまうのが怖くて、病院に連れて

行くことができなかった」

斎藤被告は、こう供述した。

窓やふすまに目張りをし、

家賃を払い続けて理玖ちゃんの死を隠した。

県警などによると、理玖ちゃんを

1人で育て始めたのは16年10月ごろ。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る